ランドローバー 新型レンジローバー 2014年07月~モデルの買取・査定相場

ランドローバー 新型レンジローバー
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年3月3日、ランドローバーの頂点に立つレンジローバーにロングホイールベース仕様車を追加した。昨年のドバイやロサンゼルスの国際モーターショーにて公開されていたモデルで、レンジローバーとしては20年振りのロングホイールベース車の復活となる。英国などの欧州には伝統的なロングホイールベースのサルーンカーに対する根強い需要があると同時に、それに代わる究極のSUVとしてロングホイールベース仕様のSUVを求めるユーザーもいる。そうした需要に応えるものだ。レンジローバー・ロングホイールベース仕様車は、後輪前方のボディシェルを延長することで、後部座席のレッグルームが200mm拡大した。その外観デザインは、トレードマークともいえるフローティングルーフとレンジローバーの独特なシルエットが維持されていて、一目でレンジローバーシリーズであることがわかる。ボディの左右には、「L」のバッジがアクセントとして備えられ、ロングホイールベース車であることを示している。後部座席は、ベンチシート、または2座のエグゼクティブクラスシートが選択でき、エグゼクティブクラスシートでは、背もたれのリクライニング角度が、スタンダードホイールベース仕様車の9度より8度も深い17度となる。助手席シートをアウェイ機能で前方にスライドすることで、さらなるスペースと快適性が生まれる。ロングホイールベース仕様車では、電動サイドドアブラインドやスライディング・パノラミックルーフが標準装備され、収納スペースも追加されて利便性を高めている。グレードは3.0 V6 SC ヴォーグとオートバイオグラフィーの2グレードが設定されている。同年7月12日にはアダプティブ・クルーズ・コントロールやブラインド・スポット・モニターなどのドライバーアシスト装備を搭載して利便性と安全性を向上するとともに、パノラミック・グラスルーフや21インチアロイホイールなどを装備した特別仕様車「3.0 V6 ヴォーグ プレミアムエディション」を30台限定で発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ランドローバー 新型レンジローバーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ランドローバー 新型レンジローバーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP