ランドローバー 新型レンジローバー 2013年03月~モデルの買取・査定相場

ランドローバー 新型レンジローバー
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、レンジローバーをフルモデルチェンジし、2013年3月から発売した。レンジローバーは2005年9月にレンジローバースポーツが登場したときから、レンジローバー・ヴォーグというサブネームを持つようになっていたが、今回のフルモデルチェンジに合わせて車名を元のレンジローバーに戻し、ヴォーグはグレードになった。今回のモデルが4代目となるレンジローバーは、SUVとして初めてオールアルミ製のモノコックボディを採用したのが大きなポイント。これによって従来モデルに比べて400kgもの大幅な軽量化を実現したという。外観デザインは変化ではなく進化を基本テーマに、レンジローバーらしさをしっかり残しながらも、やや抑えた全高や空力処理などによって空力特性を向上させ、LEDランプなどの新しい技術も盛り込んだ。インテリアも直線基調のインパネデザインなどは従来と変わらず、レザー、ウッド、メタルなど、選び抜かれた素材を使うことで、洗練されたラグジュアリーなデザインが表現されている。搭載エンジンはV型8気筒5.0リッターの自然吸気仕様が276kW(375ps)/510N・mの動力性能を発生し、スーパーチャージャー仕様は375kW(510ps)/625N・mの動力性能となる。いずれも電子制御8速ATと組み合わされる。レンジローバーが最初に採用したさまざまな路面に対応した走りを実現するテレインレスポンスは、今回のフルモデルチェンジでテレインレスポンス2へと進化し、オンロードからさまざまな条件のオフロードに至るまで、自動的にモードを選択して最適な走りが得られるようになった。アプローチアングルが34.5度、デパーチャーアングルが29.5度、最低地上高は296mm、渡河水深が900mm、高度4500mの高地での走行も可能とするなど、さまざまなシーンでの走破性のスペックも高水準にある。ランドローバーとして5世代目となる電子制御エアサスペンションが4輪に採用されるほか、6ピストンのブレンボ製高性能ブレーキも採用されている。インテリジェントエマージェンシーブレーキを始めとする先進の安全装備の設定もある。自然吸気エンジンの搭載車がヴォーグ、スーパーチャージャー仕様エンジンの搭載車はスーパーチャージド・ヴォーグとオートバイオグラフィの2グレードで、合計3グレードのバリエーションとなる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ランドローバー 新型レンジローバーの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ランドローバー 新型レンジローバーを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP