ジープ レネゲード 2015年09月~モデルの買取・査定相場

ジープ レネゲード
FCAジャパンは、ジープブランド初のスモールSUVとしてジープ・レネゲードを、2015年9月5日に発売した。レネゲードのテーマは「アーバンサイズ。アドベンチャークラス」で、ジープブランド伝統のパワフルなデザインと4×4性能を受け継ぎながら、都市に適したボディサイズおよびスタイリングを持つとともに、多目的性、機動性、高級感を強化している。野性的なボディフォルムとアグレッシブなプロポーションの斬新なエクステリアデザインと、精密に仕上げられたディテールや革新的で上質なカラーと素材を使ったインテリアデザインを特徴とする。エクステリアはジープの伝統に基づき、丸いヘッドライトと7スロットグリル、さらにショートオーバーハング、台形のホイールアーチなどを備えながら、新しいジープとしての新鮮なスタイリングとしている。トレイルホークにオプション設定のマイスカイと呼ぶルーフは、ジープ・ラングラーのハードトップを基に開発され、フロント部分は電動で開閉可能、またフロント、リアともに取り外しが可能だ。レネゲードには、ジープとして初のスモールSUVを前提に開発された「スモールワイド4X4アーキテクチャー」を採用。これにより、ジープならではのオフロード走破性のみならず、オンロードでの快適な乗り心地をも可能にした。FF車のリミテッドに搭載されるエンジンは、1.4リッターのマルチエア・インタークーラー付きターボ仕様で、103kW(140ps)/230N・mのパワー&トルクを発生し、6速の乾式デュアルクラッチと組み合わされる。また4WDのトレイルホークに搭載される2.4リッターのタイガーシャークマルチエア2エンジンは、129kW(175ps)/230N・mを発生し、スモールSUV初の9速ATと組み合わされる。トレイルホークには、時速39km/h以下でのみ機能する「Jeepアクティブドライブロー」が搭載されている。これはロースイッチによりワンタッチで1速による走行を可能とするもので、副変速機付きに匹敵する強大な駆動力を発揮する。さらに、「ジープセレクテレインシステム」が搭載され、自動のほか、雪、砂、泥、岩場など、路面に応じて最適な駆動制御を実現する。このほか前面衝突警報や車線逸脱警報など、充実した安全装備を備えるのも特徴だ。なお、日本向けのレネゲードはイタリアのメルフィ工場で生産される。ジープブランドとして初めて米国以外で生産されることになる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ジープ レネゲードの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ジープ レネゲード 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ジープ レネゲードを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP