フィアット 新型プント 2012年09月~モデルの買取・査定相場

フィアット 新型プント
フィアットクライスラージャパンは、新型プントを2012年9月1日から発売すると発表した。新型プントは、2009年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアムの後、2010年6月から日本で販売していたプントエヴォが名称を変更したもの。この名称変更は全世界共通で行われ、同時に外観デザインや内装の仕様を進化させた。外観はフロント回りのデザインを変更するとともに、ボディ同色のバンパーを採用するなどして、スポーティで洗練されたスタイルとした。ボディカラーは、新色のアランチャとグラムロックの2色を含めた4色が設定されている。インテリアは、ホールド性に優れたカスティーリョ製のバケットタイプのスポーツシートを始め、レザーステアリング、レザーシフトノブなど、上質な装備を採用して快適な空間を作り上げている。また、ストーンエンボス加工を施したソフトな手触りのインストルメントパネルによってインテリア全体の質感を高めた。助手席側のネットポケットや大容量のドアポケット、照明付きグローブボックスなど、実用的な小物入れも数多く、機能性も向上している。搭載エンジンはプントエヴォと同じで、走りと低燃費を両立する直列4気筒1.4リッターSOHCの8バルブ仕様エンジンを搭載する。ヨーロッパ排出ガス規制のユーロ5に対応したこのエンジンは、57kW(77ps)/115N・mのパワー&トルクを発生すると同時に、アイドリングストップ機能のSTART&STOPシステムによって、環境性能に配慮した。トランスミッションは、マニュアルの楽しさとオートマチックの快適性を兼ね備えたATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションのデュアロジックを採用し、パフォーマンスや環境性能の両方に対するユーザーニーズに対応している。安全装備は、前席に万一のときのむち打ち現象を軽減するアクティブヘッドレストを標準装備するほか、7つのSRSエアバッグを装備して最上のパッシブセーフティーを提供する。ステアリング操作により点灯して、暗い状況での視界を改善するコーナリングランプ機能付きのフロントフォグランプや、加速時のホイールスピンを制御するASR(アンチスリップレギュレーション)、シフトダウン時のエンジントルクを制御するMSR(モーター・シュレップ・レグルング)、これらを統合制御して車体の走行安定性を高めるESP(エレクトロニック・スタビリティー・プログラム)などが標準で装備される。新型プントはラウンジのみの単一グレードの設定で、プントエヴォでは所定の契約料が必要だった3年間のメンテナンスプログラム「フィアットイージーケア」が標準付帯される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フィアット 新型プントの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フィアット 新型プントを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP