フィアット アバルト・695(カブリオレ) 2013年03月~モデルの買取・査定相場

フィアット アバルト・695(カブリオレ)
フィアットクライスラージャパンは、アバルトとマセラティがコラボレーションし、アバルト500Cをベースに大幅なテクニカルチューニングを施したモデルとして、アバルト695エディツィオーネ・マセラティを、2013年3月1日に発売した。ちなみに、アバルト695エディツィオーネ・マセラティはソフトトップのオープンボディ車で、全国限定500台の販売で、そのうち100台が日本に導入される。アバルト695エディツィオーネ・マセラティは、他のブランドとのコラボとしてはアバルト695トリブート・フェラーリに次ぐもので、アバルトとマセラティという2つのブランドのコラボレーションにより誕生した、エレガンスとスポーティさが凝縮したモデルだ。特徴は、スポーティさとマテリアルや細部へのこだわり、優れた快適性などを両立させたこと。エクステリアについては、マセラティのポンテベッキオボルドーと呼ぶ3層のメタリック塗装が施されている。また、ボディサイドには2ブランドのコラボレーションを示すスペシャルバッジを配している。ホイールは、マセラティのエンブレムであるトライデント(三叉の銛)をモチーフとした専用の17インチアロイホイールを採用する。オーディオはJBL製のHi-Fiサウンドシステムが搭載され、サンドベージュのレザーシートには695のエンボスが施されているほか、専用のカーボンキックプレートや車両シリアルナンバープレートなど、細部にいたるまでマセラティの名を冠するにふさわしい、特別な仕様が用意される。アバルト695エディツィオーネ・マセラティのエンジンは、アバルト695トリブート・フェラーリと同じで、1.4リッターの直列4気筒16バルブDOHC+インタークーラー付きターボ仕様エンジンをチューニングし、最高出力は132kW(180ps)、最大トルクは250N・mにまで高めている。またトランスミッションは、シフト時間を短縮したATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション(アバルトコンペティツィオーネ)を採用するほか、レーシングスタイルのパドル式スイッチを備えている。エンジンのパワーアップに合わせて、サスペンションとブレーキングシステムも強化されている。専用の装備として、ヘッドレスト一体型スポーツシート(前席)、オーディオコントローラー付Kスポーツレザーステアリング、JAEGER製ホワイトメーター、ブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパー(グレー仕上げ)などがある。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フィアット アバルト・695(カブリオレ)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フィアット アバルト・695(カブリオレ)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP