フィアット アバルト・595 (ハッチバック) 2013年11月~モデルの買取・査定相場

フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
フィアットクライスラージャパンは、スポーツブランドであるアバルト500系のモデルのバリエーションを変更し、新たにアップグレードしたモデルとしてアバルト595を設定し、2013年1月11日から発売した。アバルト595の搭載エンジンは直列4気筒1.4リッターの16バルブDOHC+インタークーラー付きターボで基本は従来からのモデルと変わらないが、かつてエッセエッセに搭載していたのと同じハイパワー仕様のエンジンとされていて、118kW(160ps)/206N・m(スポーツモード選択時には230N・m)の動力性能を発生する。合わせてトランスミッションも全車ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション(セミAT)とされ、5速MT車だけのアバルト500との違いを明確にしている。アバルト595にはツーリズモとコンペティツィオーネの2グレードが設定されていて、快適性や上質感を重視したツーリズモとスポーツ性を重視したコンペティツィオーネという性格分けがなされている。ただ、外観デザインの違いはわずかで、コンペティツィオーネにクローム仕上げ(ツーリズモはボディ同色)のヒーテッド電動ドアミラーが装備されることと、ツーリズモにだけ2トーンカラー塗装が設定されることなどが相違点。装備では、ツーリズモには高さ調整式のレザーシートが前後に装備され、コンペティツィオーネは前席がサベルト社製のヘッドレスト一体型スポーツシートでアルカンターラとレザーのコンビシートとされ、後席がレザーシートとなるなどの違いがある。コンペティツィオーネにはほかに、ツインデュアルエギゾーストパイプ、アバルトのサイドストライプ、17インチアロイホイールなどが装備されている。2013年10月15日にはアバルト595の誕生50周年を記念した特別仕様車「アバルト 595 50th アニバーサリー」の予約受注を開始した。なお発売は2014年4月以降で、全世界限定299台のうち日本には50台が導入される。同年11月23日にはアバルト 595 ツーリズモをベースに、限定カラーコンビネーションを採用した特別仕様車「アバルト 595 ツーリズモ リミテッド」を40台限定で発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フィアット アバルト・595 (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フィアット アバルト・595 (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP