シトロエン C5 2019年05月~モデルの買取・査定相場

シトロエン C5
プジョー・シトロエン・ジャポンは、新型SUVの「シトロエンC5エアクロスSUV」を2019年5月28日に発表、同日に販売を開始した。創業100周年を迎えたシトロエンから“コンフォート(快適性)”性能を追求、エクステリアデザインからインテリア、乗り心地、安全性に至るまで、すべての乗員が快適な移動を楽しめることを目指して開発されたのが「C5エアクロスSUV」だ。エクステリアは最新のシトロエンに共通する個性的なもので、ボディサイズは全長4500mm×全幅1850mm×全高1710mm、ホイールベース2730mm。全長はミドルクラスSUVとしては短めだが、ホイールベースは長め。2列シート5人乗りのキャビンは、リヤシートが独立した3座とすることですべての乗員が同様の快適性が得られるように設計されており、それぞれのシートが150mmのスライド量を持ち、5段階のリクライニング機構を備えている。シートの造りにもこだわりが見られ、シートクッションの素材のポリウレタンフォームを徹底的に研究。高密度フォームを採用し、シートの表皮中央部には15mm分のレイヤーを重ねることで、座った瞬間の当たりの柔らかさとなじみのよさを向上させている。また、運転席にはマルチポイントランバーサポートを搭載し、体型に合わせたシートの調整と8つのエアバッグが5パターンのマッサージ機能を備えている。標準仕様はハーフレザーシート(ライト&ダークグレー)で、パッケージオプションを選択するとナッパレザー(ブラウン&ブラック)が装着される。パワーユニットは2.0リッター直4のディーゼルターボ。高圧燃料噴射と可変ジオメトリーターボの組み合わせにより最高出力130kW(177ps)、最大トルク400Nmを発生する。アイシンAWと共同開発された8速ATとの組み合わせでWLTCモード16.3㎞/Lの経済性を実現している。駆動方式はFFのみだが、グリップコントロール&ヒルディセントコントロールの装備により、路面状況に応じてマッド(泥)、スノー(雪)、サンド(砂)、通常のESCオフの各モードの選択が可能。タイヤもマッド&スノー(ミシュランLATITUDE TOUR HP)が標準装着される。足まわりには新世代のハイドロとも言えるサスペンションシステム「プログレッシブ ハイドロリック クッション(PHC)」を採用した。このシステムは通常のダンパーにセカンダリーダンパーを追加したメカニカルなシステムで、ストロークが進むとセカンダリーピストンがシリンダー内に入り込み、ハイドロリックストップとして作用して減衰力を発揮。サスペンションストロークスピードが低い状況ではソフトな乗り心地をもたらし、大きく動く状況では衝撃をスムーズに吸収する。このダンパーはフロントには庄側と伸側、リヤは庄側のみに備わる。先進安全装備では渋滞時の安全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシスト、前走車との車間距離を保つアクティブクルーズコントロール、さらに車線内の左右任意の位置を保持しながら走行するレーンポジショニングアシストを統合した「ハイウェイドライブアシスト」を装備する。これまでのレーンポジショニングアシストは車線内の中央を走るものだったが、PSAのシステムは車線内のドライバーの好みに応じてやや右寄り、もしくは左寄りに設定することも可能だ。ボディカラーは「ブランナクレ」、「グリプラチナム」、「ブルーチジュカ」、「ルージュボルカーノ」、「ブランバンキーズ」、「ノアールベルラネア」の全6色を用意。前記3色にはルーフがブラックとなるバイトーンルーフがオプション設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
シトロエン C5の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

シトロエン C5を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP