アウディ RS7 スポーツバック 2020年11月~モデルの買取・査定相場

アウディ RS7 スポーツバック
アウディ ジャパンは、ハイパフォーマンスシリーズのRSモデルに高性能4ドアクーペ「RS7スポーツバック」を2020年11月28日に発表、2021年1月以降の販売を予定している。アウディのハイパフォーマンスモデルを手掛ける「Audi Sport GmbH」によって開発された「RS7スポーツバック」には、グロスブラックの3Dハニカム構造のシングルフレームグリルを装着。大きく張り出したフェンダーもクワトロの4輪駆動であることを想起させるもので、フロントドア、ルーフ、テールゲートを除くボディ外板の多くがRS専用となっている。インテリアはバルコナレザーのSスポーツシートを採用する。さらに大型のアルミニウム製パドルシフトと、マルチファンクションボタンを設置するヒーター機能付き3本スポークステアリングなどが装着される。パワーユニットは最高出力441kW(600ps)、最大トルク800Nmを2050~4500rpmまでの回転域で発生する4.0リッターV8ツインターボ。8速ティプトロニックを組み合わせ、「48Vマイルドハイブリッド」や「シリンダーオンデマンド」を採用することで効率化にも配慮した。駆動方式はquattroフルタイム4WDとなり、「セルフロッキングディファレンシャル」、「リヤスポーツディファレンシャル」を標準装備している。サスペンションには、よりスポーティなチューニングを施した「RSアダプティブエアサスペンション」を標準採用。コイルスプリングと「ダンピングコントロールサスペンション」に「ダイナミックライドコントロール(DRC)」を組み合わせた「RSスポーツサスペンションプラス」がオプションで選択可能。独自の油圧システムを組み込んだDRCがコーナリング時のロールや急加速、急減速時のピッチングを抑制することで。乗り心地を損なわずにダイナミックなハンドリングを実現したという。さらに状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで低速時には取りまわし性を、高速走行時には同位相でステアリングレスポンスを高める4輪操舵システム「オールホイールステアリング」、RSモードを備えた「ドライブセレクト」を標準装備としている。最新のデジタル技術やセーフティ技術も採用されており、10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなる「インフォテイメントシステム」を装備。「Bang&Olufsen 3Dサウンドシステム」や「アダプティブドライブアシスト」、「アウディプレセンスシティ」、「アウディサイドアシスト」などの運転支援システムも標準で装備されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ RS7 スポーツバックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ RS7 スポーツバックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP