アウディ A3(セダン) 2021年05月~モデルの買取・査定相場

アウディ A3(セダン)
アウディ ジャパンは、コンパクトセダンの「A3セダン」を2021年4月21日に発表、同年5月18日より販売を開始する。7年3カ月ぶりとなるフルモデルチェンジで4代目となったA3セダン。新型はスポーティなデザイン、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化された操作系やディスプレイ、さらに高機能となったインフォテインメントシステムやドライバーアシスタンスシステムなど、全方位での進化を果たしている。グレード構成は「ベース」、「アドバンスト」、「Sライン」の3モデルとした。エクステリアは低くワイドなシングルフレームグリル、大型エアインテーク、エッジの効いたLEDライトでフロントまわりをデザイン。サイドは「アウディクワトロ」をイメージさせるブリスターフェンダー、彫刻的な凹面形状のドアパネルを採用し、リヤまわりでは立体的なデザインのリヤコンビネーションランプ、フロントバンパーのエアインテークをモチーフに採り入れたリヤバンパーでワイド&ローのプロポーションを強調。セダンに関してはスポイラー形状のトランクリッドエンドも採用されている。アンダーボディをパネルで覆うなど空力性能も高められ、セダンのCd値は0.25を実現している。ボディサイズは全長4495㎜×全幅1815㎜×全高1425㎜(Sラインは1410㎜)、ホイールベース2635㎜。先代に対して全長は30㎜長く、20㎜ワイド化され、20㎜(Sラインは5㎜)高くなった。運転席のポジションを下げたことでフロントヘッドルームには20㎜の余裕が得られ、エルボールームも広くなったという。トランクルームは425Lの容量を確保している。横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」はフォルクスワーゲングループで共通化されており、高いボディ剛性と軽量化、すぐれた安全性を特徴としている。インテリアはセンターコンソールを運転席側に向けたデザインとし、前後への単純な動作でシフト操作を可能とした新形状のシフトスイッチを採用した。サスティナブルな取り組みの一環としてSラインの標準シートのクロス部分にリサイクルペットボトルを原料とした素材を採用。見た目と座り心地の両面で従来のテキスタイル地と同等の品質を確保したという。A3のシートで1.5L容量のペットボトル換算で最大45本分がリサイクル利用され、フロアカーペットなどにも62本分が使われている。さらに断熱材や吸収材、ラゲッジコンパートメントのサイドパネル、積載フロア、マットなどにもリサイクル原料を使用する。パワーユニットは前輪駆動(FF)の30TFSIに最高出力81kW(110ps)/5500rpm、最大トルク200Nm/2000~3000rpmを発生する48Vマイルドハイブリッドシステム搭載の1.0リッター3気筒ターボを、クワトロ(4WD)の40TFSIには最高出力140kW(190ps)/4200~6000rpm、最大トルク320Nm/1500~4100rpmを発生する2.0リッター4気筒ターボを搭載する。トランスミッションはデュアルクラッチの7速Sトロニックが全モデルに組み合わされる。サスペンションは30TFSIが前ストラット/後トーションビーム、40TSIは前ストラット/後ウィッシュボーン。メーターパネルには10.25インチの高解像度液晶ディスプレイにメーター類をはじめ、DIS(ドライバーインフォメーションシステム)や地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコクピットをオプションで用意。インフォテイメントとしては、10.1インチタッチスクリーン式「MIB3」MMIナビゲーションシステムを搭載する。最新の安全技術とアシスタンスシステムも採用されており、従来のアダプティブクルーズコントロールとアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した「アダプティブクルーズアシスト」をオプションで用意。前車の追従機能に加え、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減する。ボディカラーは「アトールブルーメタリック」、「マンハッタングレーメタリック」、「パイソンイエローメタリック」、「ターボブルー」の4色を新規で設定。「アトールブルーメタリック」と「マンハッタングレーメタリック」はベースとアドバンスト専用、「ターボブルー」はSライン専用となる。新型モデルの導入を記念して、30TFSIアドバンストをベースに装備を充実させた特別仕様車「ファーストエディション」が125台限定で用意されている。同年10月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A3(セダン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A3(セダン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A3(セダン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP