公開日:2018年08月23日
更新日:2018年10月12日

どんな人が車の「査定」をするのか?

買取専門店や中古車販売店などに愛車売却の見積もりを依頼すると、電話連絡などを取り合ったうえで、買取店側の担当者が自宅駐車場などにやってきます。この担当者の大半は「中古自動車査定士」という資格を持っています。

中古自動車査定士とは?

俗に「査定士」と呼ばれているこの資格は、国家資格ではありません。一般財団法人 日本自動車査定協会が講習と技能検定試験(学科および実技)を行い、その合格者に対して「中古自動車査定士」の資格を与えているものです。中古自動車査定士には「小型車査定士」と「大型車査定士」の二種類あり、我々がふだん乗っている乗用車の査定を担当するのは「小型車査定士」です。

買取店のスタッフだけでなく新車ディーラーや大手中古車販売店のセールスマンも、採用から半年~1年を経るとこの資格を取得するように会社側から命じられることが多いようです。中古自動車査定士の試験難易度は極端に高いわけではなく、協会が行う3日間の講習をしっかり受講すればほぼ合格するとも言われており、受験者の合格率は8~9割です。

査定士1人で買取価格を決めているわけではない?

そして最近は、査定のため訪問してくる査定士自身が査定金額を決めるのではなく、「本部」のしかるべき部署の責任者が、具体的な金額の上限を決めるというケースが一般的になっています。

中古自動車査定士の資格を持つ買取店スタッフがユーザーの車をとりあえず正確に査定し、その情報を本部の担当部署にEメールなどで送信します。するとその内容を確認した本部の責任者が、各地で行われているオートオークションの最新相場や季節要因などを加味したうえで「上限○○○万円で」というような指示を、現場にいる査定士にメールや電話などで連絡しているのです。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。