公開日:2018年06月20日
更新日:2019年02月05日
ディーラー下取りと買取店、どっちがお得?メリットとデメリットを徹底比較!

何かを売るならできる限り高く売りたい、それは消費者の正直な本音でしょう。それがクルマのような高額なものであればなおさらです。車の売却方法には、ディーラーの下取り、買取専門店の利用、ネットオークション等、様々な方法があるので、それぞれの方法についての違いがよくわからないという方も多いかもしれません。しかし、一番気になるのはおそらく、どの方法が一番お得で高く車を売却できるのか?ということでしょう。それぞれの違いをしっかり比較することで、自分に合った売却方法が見つかるはずです。今回は、その中でもディーラーと買取専門店にフォーカスを当ててメリット・デメリットを比較し、どちらの方法がよりお得に車を売却できるのかについてみてみたいと思います。

ディーラーに車を売るパターン

ディーラーに車を売るパターン

まずはディーラーに車を売る場合について見てみましょう。ここでいうディーラーとはいわゆる各自動車メーカーの正規販売店であり、そのブランドのクルマを新車で購入することのできる場所を指します。ディーラーにクルマを買取ってもらう場合、「下取り」という言葉を使うのが普通です。つまり、今乗っているクルマを売って、新しいクルマの購入費用に充当するということです。新車の検討次期には、欲しい車をできるだけお得に買う方法は無いかと探す方が多いでしょう。下取りを利用すれば、車の買取額(=下取り価格)の分だけ、新車価格が値引きして見えるため、非常に魅力的です。

さて、ディーラーにとってもっとも重要なことは、取りも直さず新車を販売することです。そのため、買取についても、あくまでも新車購入につながることが前提ですので、単にクルマを買取ってもらうというケースはここでは考えないことにします(多くの場合、買取のみは断られるでしょう。もしくは、ディーラーの運営会社が買取業者を営んでいれば、そちらを紹介されるかもしれません)。

ディーラーでの買取には2つのパターンがあります。

ディーラーでの買取パターン

  • ディーラーと同じブランドの車を買取ってもらう場合
  • 他社メーカーの車を買取ってもらう場合

ディーラーと同じブランドの車を買取ってもらう場合

状態が良ければ、ディーラーが正規に販売する中古車(認定中古車)として扱われることがあります。この場合であれば、自社で買取って自社で販売するので、中間マージンを削減することが可能となり、結果として高額での買取が期待できます。また、自動車ディーラーは他社メーカーに乗り換えられることを防ぎたいため、他のメーカーより高く下取りしたいと考えている場合もあります。

他社メーカーの車を買取ってもらう場合

他ブランドのクルマの場合、ディーラーで買い取ったとしても、その後ディーラーにて販売することが難しい場合が多いので、結果として買取業者に買い取ってもらったり、オークションで販売してもらうことになります。こうした手間が、再販する際のコストとなるため、査定価格が下がってしまう傾向にあります。

車買取専門店に車を売るパターン

車買取専門店に車を売るパターン

次に、買取専門店に売却を依頼する場合を見てみましょう。買取専門店とは、その名の通り買取を専門とする業者です。個人もしくはディーラーやほかの中古車買取業者からクルマを買取、中古車販売業者などに対して販売することを専門としています。

こうした買取専門業者には、強い販売力を持つ販売専門業者とのパイプがあるため、大量に買い付けて大量に売ることが可能になるのです。販売専門業者には新興国を中心とした海外への販売を専門にしているところも多く、高品質で耐久性の高い日本車は、たとえ日本では値段がつかないような中古車でも、海外では需要があることもあり、じゅうぶんにビジネスとして成立するのです。

買取専門店は、大量買い付けを基本とするため、状態を細部までじっくり検証して買い取るというよりも、相場の範囲内でとりあえず買い取るというスタンスがほとんどです。そのため、状態の悪いクルマであっても値がつきやすいのが特徴です。一方で、マニアックなクルマなど、相場情報のないクルマについては買取ってもらえないか、最低限の価格での買取となるケースが多いようです。

最後に、それぞれの使い分けについて考えてみましょう。

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りのメリットは主に3つあります。

ディーラー下取りのメリット

  1. ①車売却の手間がかからない
  2. ②確実に代車を使用できる
  3. ③安心感がある

①車売却の手間がかからない

下取りのメリットはなんといっても手間がかからないことです。車を売る手続きと買う手続きを同時に行うことが出来るので、売却と購入のタイミングに気を遣う必要がありません。また、クルマを売買する際の面倒な書類集めや手続きを一度で済ませることが出来、簡単で楽に車の売買が行える点が魅力です。

②確実に代車を利用できる

クルマが既に生活必需品となっている方にとっては、「一日でも車がなくなると困る」と感じる方もいるかもしれません。下取りでは、自身が売却する車と新車を引き換えできるので、車がない状態がないことが利点でしょう。また、ディーラーは車が故障した場合の修理の受付先としても機能しているため、代車を用意してあることが普通です。

③安心感がある

車と売る際の安心感は、買取店よりもディーラーの方があると感じるかもしれません。それは、新車を購入するディーラーが車の売却もおこなってくれるため、担当の営業マンが売却時と購入時で同じになるからです。ディーラーの営業マンは、対応がしっかりしている場合が多いです。

上記がディーラーで下取りを行う際のメリット3点です。

一方でディーラー下取りにもデメリットがあり、それは大きく下記の2つでしょう。

ディーラー下取りのデメリット

  1. ①買取価格(下取り価格)が買取店より低い
  2. ②下取り額と新車の値引き額の差が曖昧

①買取価格(下取り価格)が買取店より低い

ディーラーでの下取りは一般的に、買取価格(下取り価格)が中古車買取業者よりも低いといわれています。これは、ディーラーは「買取」ではなく、「下取り」をしているからです。営業マンは、中古車として買い取るのではなく、次に買う新車の値引き額として反映されます。また、ディーラーはあくまでも新車の販売がメインの業務となっているため、中古車の買取についての知識は買取専門店と比較すると劣るため、中古車業界の動向を考慮した上での査定価格がでないのが現状です。

②下取り額と新車の値引き額の差が曖昧

上述のように、ディーラーの下取りでの車の査定価格は、新車の値引き額となっているように、下取りは購入と一体化した契約になっているため、本当の下取り査定額がわかりにくくなっています。そのため、ディーラーの営業マンが高く下取りした分、新車の値引き額おさえる「値引き充当」が行われる可能性が高いです。買取店と違って、車を現金化することが出来ないので、手放す車の下取り額とこれから買う車の値引き額が曖昧となり、結果的に低い査定価格で車を売却してしまうことになってしまわないよう注意が必要です。

以上のメリット・デメリットを考慮して、ディーラーに車を売った方がよいのはどのようなときでしょう。これは当然ですが、そのディーラーで新車を購入する時です。むしろそれ以外のときにはほとんどメリットがありません。ディーラーにとって新車を販売する際の武器の1つは、値引きをすることです。しかし、ほとんどの場合、値引き額は上限が厳密に決められており、それを超えて値引きをすることは難しいのが現状です。そこで、ディーラーは下取り価格を高額にすることで、実質的に買い手にメリットを与えようとするのです。ディーラーにとって見れば、新車を販売することで利益が得られるので、下取りでの利益は最低限に抑えることが可能なのです。

買取専門店に車を売るメリット・デメリット

買取専門店に車を売るメリット・デメリット

次に、買取専門店で売った方がよい場合について考えてみます。買取店で車を売却するメリットは3つあります。

買取店で車を売却するメリット

  1. ①ディーラーより査定価格が高額
  2. ②複数買取店の査定金額を比較することで高額査定が実現できる
  3. ③車のメーカーや状態(事故車・不動車)に関わらず売却できる

①ディーラーより査定価格が高額

車買取専門店は、ユーザーから買い取った車を業者オークションで販売したり、提携している販売店に在庫として引き渡したりと、多くの再販ルートを確保しています。そのため、買取店の査定士は、常に中古車業界のニーズを把握し、その幅広いニーズに応えられるように仕入れを行うため、結果的に査定額が高くなる傾向にあるのです。

②複数買取店の査定金額を比較することで高額査定が実現できる

ディーラーの下取りは、その店舗に行って査定してもらうのが基本ですが、一括査定サービス等と提携している買取店では、出張査定の対応が可能な買取店が多く、一度に複数の買取店の査定額を比較することが可能です。また、複数の買取店を競わせることによって、結果的にオークション形式に査定金額を引き上げることができたり、その中から一番高い値段をつけてくれた買取店を選択したりすることができます。

③車のメーカーや状態(事故車・不動車)に関わらず売却できる

上述の通り、買取専門業者はとりあえず買い付けるというスタンスのため、走行距離が多かったり傷があったり、時には事故車であっても、値段をつけてもらえるというメリットがあります。それは、たとえ事故車や不動車であっても、パーツ等に分解して売却することが可能だからです。(→”修復歴車(事故車・故障車)は買取可能??査定額や買取価格にどれくらい影響するの?”もご参照ください)

上記が、買取店で車を売却するメリットは3点です。

一方で、買取店のデメリットとしては下記の2点が挙げられます。

買取専門店のデメリット

  1. ①手間がかかる
  2. ②代車が確保できないことがある

①手間がかかる

複数の買取店を比較するためには、実査定のためにそれぞれの買取店とスケジュールを調整する必要があります。多くの車買取業者に査定してもらい、交渉して高額査定を引き出すには、それなりの手間がかかります。高額査定を求めるならば仕方のないことですが、それを手間だと感じる方もいるでしょう。

②代車が確保できないことがある

車を売却し、車を乗り換える計画をしている人は、現在の愛車を売却するタイミングを考えなければ、車がなく生活で不自由な思いをすることになるかもしれません。現在では、無料で代車を貸し出してくれる買取店もありますが、車に乗れない空白期間を作らないように事前に代車が借りられるかを確認することが大切です。

車買取専門店に売るなら一括査定がおすすめ

車買取専門店に売るなら一括査定がおすすめ

ここまで、車を売る際のディーラーでの下取りと車買取専門店の違いを述べてきました。実際、どちらもメリットとデメリットがあり、その違いを理解した上で自分に最適な選択肢を選ぶことが重要です。

しかし、上述のように、少しでも車を高く売りたい、そう思うのであれば、買取店同士を競合させるのが最も効果的方法です。

下取りや査定に出す際は、多くの買取業者を比較することで、より高額な買取価格での車売却を実現できます。是非一括査定サービスを上手に利用して、一度に複数買取店の査定価格を比較、高額買取を実現させましょう。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo! JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。