公開日:2018年12月06日

売却した車の納税通知書が届いた!支払わなくてはいけないの?

「先日売却し、手続きもすべて完了している車に対して自動車税の納税通知書が届いた!」今どきそんな事態は少ないはずですが、可能性としてゼロではありません。

自動車税の仕組み

自動車税は、毎年4月1日時点での車検証上の所有者(ローン利用などで所有者名が信販会社などになっている場合は使用者)が、その年1年分を納めることになっています。

で、3月末までに愛車を売却したのに、次の年の納税通知書が送られてきたとするならば、可能性として考えられるのは「何らかの事情で車の名義変更がされていない」ということです。

この場合はすぐに車を売却した買取店に連絡を入れ、納税通知書が送られてきたことを伝えてください。万が一名義変更が遅れていることが発覚した場合は、どのように対処するつもりかを、買取店に具体的に確認してください。

売却時には名義変更のタイミングも確認しよう

冒頭付近で申し上げたとおり、今どきは名義変更手続きを行わないズサンな買取店など少ないはずです。しかし売却時には一応、「名義変更後の車検証のコピー」を必ず送ってもらうようにしておくことが重要でしょう。

ただし愛車を売却したのが「4月」であった場合、話はちょっと変わります。

自動車税の納税義務はあくまでも「4月1日時点の所有者(使用者)」にあります。そのため4月下旬~5月上旬に届く納税通知書に対しては、あなたが納税しなくてはいけないのです。

もしも3月頃に車を売却するのであれば、名義変更は3月中に間に合うのか?もしも間に合わないのであれば、自動車税についてはどう扱われるのか?そのあたりをあらかじめ買取店の担当者に確認しておきましょう。

年度末に掛けて車の乗り換えや売却を検討している場合は、翌年度分の自動車税も考慮に入れて売却時期を検討すると良いかもしれませんね。

何かと忙しい年末・期末に買取店を回る時間が取れない!そんな場合は、買取carviewでの愛車一括見積もりサービスで売却額を一気に比較するのも賢い手でしょう。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。