リサイクル料は売却時に戻ってくる?確認するだけで得するかも!?

公開日:2018年10月23日
リサイクル料は売却時に戻ってくる?確認するだけで得するかも!?

車を購入するとき、我々ユーザーは車体関係の料金とともに「リサイクル料金(リサイクル預託金)」も支払っています。このリサイクル料金は売却時に返金されるのでしょうか?

車の「リサイクル料金(リサイクル預託金)」とは、クルマを廃車・解体する際に有用資源を適切にリサイクルすることを目的とする「自動車リサイクル法」に基づいたもので、この法律にしたがい、車のオーナーはリサイクル料金(情報管理料金と資金管理料金を含む)を車両購入時に納めているのです。そのため、車両の購入時にリサイクル券(預託証明書)を受け取っているはずです。覚えていない場合でも、車検証に挟まっているかもしれませんね。

リサイクル券についてもっと知りたい方は「忘れないで!車買取額がアップする自動車リサイクル券とは?」の記事も併せてご覧ください。

車のリサイクル料金、返金されるの?

ところでこのリサイクル料金って、車を売却すると戻ってくるものなんでしょうか? それとも二度と戻らない類のお金なのでしょうか?

結論を言いますと、車を売却する場合、あなたが納めたリサイクル料金は、次のオーナーから「預託金相当額」としてあなたが受け取ることになります。つまり一度あなたが支払ったリサイクル料が返還され、次にそのクルマを手にする人が新たに支払う形となるのです。

つまり、車の乗り換え時など、愛車を買取店に売却・下取りに出す、などした際には買取業者からリサイクル料金の還付を受けることになります。

車査定時には査定額の内訳を聞いておくと得するかも…?

ただし車売却時に買取店などに査定してもらう際に、この返金額は、車そのものの査定額とは別に明細付きで戻されることもあるのですが、多くの業者では「査定額とのコミコミ」としてあなたに一括返金をしています。そのためちょっと不明瞭というか、どことなくアバウトな部分が絶対にないとも言いきれません。

そこで査定時には、買取業者の担当者に対して「リサイクル料を除いた“買取価格そのもの”を私に教えてください」と言ってみるのもひとつの手です。そうすると買取業者は「……このお客にはちゃんと接しないとヤバいな」と思うことになり、おそらくは気を引き締めて対応してくれ、その結果として高額査定も出やすくなるはずです。

もちろん人間同士の折衝ですから、ケンカ腰で高圧的にこれを言うのは逆効果でしかありません。あくまでも明るく丁寧に、「ところでリサイクル料を除いた買取価格はいくらですか?(ニコッ)」という感じで聞いてくださいね。

※買取カービューの車買取・査定 コラムでは、車の高額査定を狙いたいときに知っておきたい情報を数多く更新しています。

愛車の売却をお考えのあなたに

査定額を比較して最高額で売却!

あなたの愛車を1番高く売る!

メーカー
モデル
年式
走行距離

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。