公開日:2018年08月20日
更新日:2018年10月12日

高評価になりやすい車の装備

年式や走行距離、車両のコンディションが査定額に大きく影響を及ぼすのは言うまでもありませんが、「装備内容」も、愛車の査定額を大きく左右する要素のひとつです。

純正オプションは査定額UP!

どんな装備が高額査定につながりやすいかというと、端的に言ってしまえば「純正オプション」です。後付けの社外品ではない純正オプションパーツは、その内容が充実していればいるほど高額査定につながりやすいものです。

特に、後付けも可能といえば可能なディーラーオプションではなく、メーカーの工場ラインでしか装着できない「メーカーオプション」のレベルが高ければ、ほぼ間違いなく査定アップにつながりますので、そこは査定時にしっかりアピールしてください。

高額査定につながりやすい主な純正オプション装備は以下のとおりです。

1:ボディカラー

後から変えることができない「ボディカラー」は、愛車の査定額を左右する非常に重要な要素です(もちろん全塗装して色を変えることも可能ですが、その場合、査定額は大幅にダウンしてしまいます)。

もっとも高額査定につながりやすい色は基本的に黒または黒メタリックで、国産車に多いホワイトパール系も高値が付きやすい色です。

2:先進安全装備

昔は「屋根・革・マルチ(サンルーフとレザーシート、カーナビ)」が中古車における三種の神器などと呼ばれていましたが、最近では「先進安全装備」の有無のほうがより重要かもしれません。衝突軽減ブレーキやアクティブ・クルーズコントロール、レーンキープアシストなどが付いていれば高値につながりやすいでしょう。またこれから車を買うという人も、売却時のことを考えれば絶対に付けておいたほうがいいメーカーオプション装備だと言えます。

3:サンルーフ

「屋根・革・マルチ」はもう古い……と申し上げましたが、それでもサンルーフやガラスサンルーフは、いまだ高評価につながる大きなポイントであることは間違いありません。

4:レザーシート

これも「屋根・革・マルチ」のなかの「革」にあたる旧三種の神器のひとつですが、やはりいまだ根強い評価ポイントです。レザーシートは表皮が本革であるだけでなく、たいていの場合「シートヒーター」や「電動リクライニング」などとセットになっているため、より高評価につながりやすいのです。

5:電動スライドドア

これはミニバンに関しての装備ですが、電動スライドドアが全グレードに標準装備である場合はさておき、上級グレードにしか標準装備されていない場合は、かなりのプラスポイントになるでしょう。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。