公開日:2018年10月29日

高値売却のための日頃のお手入れ

車の買取価格というのは、その車種自体の人気や年式と走行距離、ボディカラー、装備内容などで決まってくるものですが、当然ながら「車のコンディション」でも大きく変わってきます。年式や距離、色などがまったく同じであったとしても、当たり前ですが「内外装などのコンディションが良いほう」に高値が付くわけです。

しかし何年間も使われた車のコンディションというのは、査定の直前に掃除したり洗車したところでほとんど何も変わりません。「日頃の積み重ね」こそが重要なのです。

そこでここでは、愛車を最終的に高値で売却するために日頃から心がけておくべき、いくつかのポイントをご紹介します。

洗車はこまめに行う

「洗車」は外装メンテナンスの基本です。洗車によって泥やホコリ、水アカなどを落とすことで、車がきれいになるのはもちろんですが、さまざまな可動部の寿命も少々延ばすことができます。そしてワックスがけやコーティングを行えば、塗装面のキズを防ぐこともできます。光沢のない車は査定士の印象も悪くなるので、査定直前に洗車やコーティングをするのではなく「日頃からのボディケア」を心がけてください。

キズやヘコミ、シミなども早めに対処する

乗っているうちに小キズやちょっとしたヘコミが生じることもあるでしょう。また、駐車中に鳥のフンがボディに付着したり、植物の樹液などがボディにこびりついてしまうこともあります。これらも必ず「早めに対処する」という姿勢が重要です。

キズやヘコミは放置しておくとサビの発生につながりますし、最悪の場合は塗装がはげてしまうこともあります。また鳥のフンや樹液もすぐに除去すれば問題ないのですが、長く放置していると塗装内部に浸透してしまい、どうにもならなくなることがあります。

とにかく「何かあったら早めに対処」というのが愛車をキレイに保つ、そして結果として高値で売却するためのコツです。

車内の清掃もこまめに

シートやフロアマットに落ちた食べカス、あるいは溜まりに溜まったホコリなどはダニや異臭の発生原因になります。気づいたらすぐ掃除機で吸い取りましょう。ダッシュボードやパネル類、窓ガラスに付着した手あかも、放置すると車がどんどんみすぼらしくなります。水で濡らした雑巾を硬くしぼり、こまめにしっかり拭き取る習慣をつけてください。

ニオイ対策にも敏感に

車に染みついてしまった臭いは査定ダウンの大きな要因のひとつです。日頃からこまめな換気を心がけましょう。タバコを吸う人も、できることなら車内ではなく、灰皿がある場所に停車して車外で吸うべきでしょう。また、地下のガレージなどに保管しているとカビ臭が発生することもあります。定期的に日光に当てるなどしてカビ予防をしてください。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。