公開日:2018年06月19日
更新日:2019年01月24日
車査定前の洗車は高額査定のコツ?査定額アップのポイントとは?

どうせ愛車を手放すなら、少しでも高く買取ってもらいたいものです。しかし、様々な情報の中から車の査定にとって、「このような方法でお得になる」、あるいは「損をするという」という確実な方法を得るのは難しいです。少しでもお得に車を買い取ってもらうためにできることはなんでもやりたいのが人情ですが、その中でも今回は洗車が車査定に影響を与えるのかどうかに注目して見てみましょう。

洗車は査定時のアピールポイントになるの?

洗車は査定時のアピールポイントになるの?

そもそも、洗車によってクルマの査定価格に変化はあるのでしょうか?実は多くの場合、あまり関係がないというのが正直なところです。

というのも、中古車の買取はプラス査定方式ではなく、マイナス査定方式が軸となっているからです。どういう意味かというと、中古車販売店の査定士は、あらかじめ設定されている限界買取価格からの減点方式である場合が多く、「キレイだから+10万円」のように、加点方式でないことがほとんどです。

査定士は一般的に、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)に定められた査定項目や基準に従って車査定を行い、その査定項目に「洗車の有無」はありません。となると、洗車によってクルマそのものがキレイであるかは直接的に査定額に影響はしないのです。

また、査定担当者個人の裁量に依存しすぎないように、大手の車買取業者ではこのような明確な査定基準を設けているのが普通です。極端な例ですが、査定担当者にお茶を出したりお土産を渡したりしたからと言って、極端に査定額が上がるということはまずあり得ません。

したがって、洗車をしたところで消えないようなキズやヘコミがないかどうかのほうが、見た目の面では重要です。

さらに、一般的に、買取業者が再販する前に業者側で洗車を行います。クルマのプロによる洗車のため、一般ユーザーとはレベルが違います。買取業者側からすれば、後で洗車をするので、買取時点で洗車がしてあるかどうかはそれほど重要でないのです。

では、洗車をする必要はまったくないのでしょうか?意外かもしれませんが、実際のところ、少なくとも査定額アップのためには、業者側からするとまず必要がないというのが実状です。もちろん、車両の状態がわからないほど泥などで汚れていたり、車内がゴミで散らかっていたりするというのは論外ですが、日常で使用している範囲での一般的な汚れであれば、それほど気にする必要はないでしょう。

しかし、査定前の洗車によって直接的にプラス査定を狙うことは難しくても、常日頃から洗車を行うことで、車の状態を綺麗に保つことのメリットはあります。それが結果的に、後の車を売却する際の査定額に影響を与えるでしょう。

買取査定における洗車のメリットは?

買取査定における洗車のメリットは?

では、車査定前に洗車を行うメリットはあるのでしょうか?

それはズバリ、査定士に良い印象を与えることが出来るという点です。多くの人にとって盲点となっていますが、自身の愛車を売却する際は、愛車が自分の商品となるのです。

車を購入する時は、自分がお客様としてメーカーのディーラーや他の販売店業者から車種を紹介されて購入に至ると思います。

しかし、あなたが愛車を売る際は、あなたの立場と業者の立場が逆転します。ユーザーはなるべく高価格で買い取ってもらいたいという思いを抱きながら、中古車業者に査定を依頼します。そこで、自分の商品としての愛車を、なるべく魅力的に見せることが重要なのです。

よって、洗車は下取りや買取を行う査定士や業者に、「普段から愛車を丁寧できれいに扱っている人である」というアピールが出来ます。また、査定士にとっても、「汚れた愛車をそのまま査定するユーザーは、日常的な細かな点検を怠っているのではないか」という疑念を抱きやすいです。愛車をキレイな状態で査定に出すことで、日常的に大切に扱われてきたクルマだという好印象を与えることができるのです。

上述のように、査定額アップを狙うためだけに洗車道具を揃えたりするというのはほぼナンセンスと言えます。

とはいえ、これまで乗り続けた愛車への感謝の気持ちを込めて、できるだけキレイな状態で売却するのはとてもよいことです。査定額のアップを狙ってというよりは、気持ちの問題として、査定前に洗車をすることをおすすめします。洗車場や洗車機で洗うもよし、手洗いもよしです。

というのも、いくらクルマの汚れが査定額にそれほど影響しないと言ったところで、いざ予想より低い査定額が提示されてしまうと「洗車しておけばもう少しよい査定になったかも」などといったことを考えてしまうものです。できるだけ気持ちよくクルマを買取ってもらうためにも、査定前の洗車はしておいたほうがよいでしょう。

愛車を綺麗に保つためのポイントは?

愛車を綺麗に保つためのポイントは?

上述のように、洗車が査定価格を大幅にアップさせることはありません。しかし査定前だけでなく、常日頃から掃除、洗車することによってキレイな状態に保つことは重要です。決して常にピカピカの状態を保つ必要はありませんが、車のボディ(外装)だけでなく、内装を綺麗な状態にすることで、あなたのカーライフもより心地よく充実したものになるはずです。

以下は実際に日常的に実践できる方法です。これまで車の手入れをした事のない人も、お金をかけることなく簡単に洗車や車内清掃を行うことができます。次のポイントに気を付けて、ぜひ試してみてください。

①車内清掃

高価な車内清掃や車内クリーニングは必要ありません。しかし、車内のゴミや汚れが少なければ少ないほど、査定員に車が大切に扱われていたという印象を与えることができます。

車内掃除機(ハンディクリーナー)等、もし持っていないのであれば、セルフのガソリンスタンド等に設置してある、長いホースの装着された掃除機等で、細かいゴミ等を吸い取ります。特に、背もたれのシートの隙間や下、フロアマットの裏側にはゴミがたまっている状況が多いので、注意してください。

セルフのガソリンスタンドでは、マットを洗浄できるマシンを設置しているところもあります。マットは、汚れが付きやすいので、頻繁に洗浄することをオススメします。

さらに、内窓やダッシュボードの汚れも、雑巾等の布で拭き掃除を行うと、いかに普通に乗車しているだけでも汚れやホコリがたまってしまうかがわかると思います。この際、車内清掃専用の洗剤を使用しなくとも、雑巾で水拭きするだけで、汚れやホコリを綺麗にできます。また、喫煙車の場合は、ヤニ汚れの付着を防止することが出来ます。

⓶消臭

車内やボディの汚れよりも気づきにくいのが車内の臭いです。

特に『喫煙車はマイナス査定?中古車査定時の禁煙車との価格差をチェック!』でも述べているように、タバコを吸う方が乗車する喫煙車の室内の臭いや、ペット臭はマイナス査定につながる可能性があります。

臭いは自分では気づきにくく、一度染みついてしまうとなかなか取れないものなので、こまめに換気したり、消臭したりすることで、減点を防ぎましょう。

⓷洗車によるボディのケア

今までカーシャンプーなどを使って、手洗いを行い、ワックスがけやボディコーティングまでを行ってきた方もいるのではないでしょうか。しかし、そういった中途半端なワックスやコーティングをする必要はなく、それがかえって傷をつけてしまったり、傷を目立たせてしまったりする可能性もあります。

現在は、カーシャンプーを使用しなくても、もともと洗剤が含まれているスポンジや、ただスポンジに水を含ませてこするだけで、大体の汚れを落とすことができます。

自力でピカピカにすることはできなくとも、大事なのは余計なことをして傷等をつけないようにすることです。

大事なのは、気持ちよく査定してもらうこと

大事なのは、気持ちよく査定してもらうこと

ここまで述べたように、洗車をしたからと言って査定額がアップするなどということは考えない方がよいでしょう。少しでも査定額が上げたいのであれば、売却時に洗車をしたりして取り繕うよりも、中古車買取の一括査定サイトを利用して複数の業者に査定をしてもらったり、オークションなどの個人間売買を利用する方がよほど効果的です。

ただ、ひとつだけ言えることは、あくまでも査定をするのは人間であるということです。人間である以上、気持ちよく取引をしたいと思うのが普通です。いくら売却するからと言って、過度に汚れたクルマや不潔な状態のクルマを査定させるのは、査定する側にとっては気持ちの良いものではありません。

査定をしてもらう際には、担当者が査定をしやすい環境を用意し、正当な査定を出してもらえるようにするべきです。洗車をして少しでも査定額が上げたい、という程度であればかわいいものですが、そうした発想がエスカレートして、修復歴や事故歴、使用状況について虚偽の報告をしたり、走行距離を不正に変更したりしてしまうと、買取ってもらえないばかりか、最悪の場合詐欺行為として立件されてしまう可能性もあります。

気持のよい取引さえ心掛けていれば、査定額にも満足できるというものです。気持ちの問題と言ってしまうとそれまでですが、こうした誠実な対応の積み重ねが結果的に査定額にも好印象を与える、かもしれません。

洗車以外に査定時に気を付けるポイントは?

洗車以外に査定時に気を付けるポイントは?

①純製品に戻す

今現在、車にカスタムパーツ等を装着している方もいらっしゃると思います。そのカスタムパーツを取り除き、元の新車購入時の状態に戻すことを「純正戻し」と言います。

中古車市場の需要を考えると、できるだけ新車状態に近い方が買取価格が高くなります。よって、いくらお金をかけてカスタムパーツを装着したとしても、純正状態に戻す「純正戻し」を行うことで、プラス査定に繋がるのです。

純製品は、高額買取へのコツです。

⓶ステッカーはがし

よく車の後ろの外窓に、「ドライブレコーダー搭載」や「子どもが乗っています」等のステッカーをはっている方がいます。このステッカーが貼ってある状態も、純正状態と比較し、外装やガラスをカスタムしているとみなされて、マイナス査定の対象となってしまします。

やはり、中古車買取業者にとっては、なるべく新車購入時の純正状態に近い車両の方が価値が高くなります。査定前に、ステッカーははがすようにしましょう。

しかし、燃費達成率や環境性能等のステッカーは車購入時から貼り付けてありるものなので、はがす必要はありません。

⓷傷の修復は無理に行わない

ボディについてしまったキズやへこみがマイナス査定に大きく影響を与えてしまうのではないか?と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、そのキズや凹みを無理に修理してしまうと、結果的にマイナス査定されてしまう金額よりも修理費のほうが高くなってしまう可能性があります。

故障をしているわけでなく、ボディの傷のみであればいくらか決められた点数が引かれるだけです。

無理に修理を行って、減点を免れたとしても、その修復がプラスとして加点されることはありません。

車査定額を上げる最も効果的な方法は?

車査定額を上げる最も効果的な方法は?

ここまで、車を査定してもらう前に洗車が有効か否かという点について述べてきました。しかし、実際には洗車が査定額に影響を及ぼす可能性は低いです。また、できるだけ車を新車購入時の状態と近くすることの方が重要です。しかし、今から純正戻しをできるかどうかは人によっては難しいかもしれません。

少しでも車を高く売りたい、そう思うのであれば、車買取店どうしを競合させるのが最も効果的方法です。

下取りや査定に出す際は、多くの買取業者を比較することで、より高額な買取価格での車売却が実現できます。喫煙車を最高額で売却したいなら、一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo! JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。