ローンが残っている車って売却できるの!?ローン中の車を安心してお得に売却する方法!

公開日:2018年06月24日更新日:2019年06月06日
ローンが残っている車って売却できるの!?ローン中の車を安心してお得に売却する方法!

現在の愛車購入のためにマイカーローンを組んだ方も多いですよね。車の購入方法は、現金一括払いとローン払いがあり、ローンは、所持金が購入金額に足りていなくても購入できるというメリットがあります。現在は金利が安いことや、ある程度の金額を最終回に残しておける残価設定型ローンというお得なローンもあることなどで、車を購入する際にローンを利用する方が増えてきています。

しかし、ローンがまだ残っているのにも関わらず、「欲しい車が出てきて乗り換えたい!」や「急な転勤で車がいらなくなった」等の理由で車の買い替えや売却をしなければならなくなったという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。このように、ローン中の車を売却したいと思っても、「ローンが残っている車を売却できるのか?」や「ローン中の車を売却するためにはどうしたら良いのか?」と疑問や不安に思っている方も多いはずです。

そこで、この記事では、ローンの残債がある車の売却にまつわる疑問を解決するとともに、ローンが残っていたとしても「安心してお得に車を売る方法」を紹介します。

ローンが残っている車でも売却できる!

ローンが残っている車でも売却できる!

結論から言いますと、ローンの支払い途中の車でも売却することはできます。ただし、どんな状況でも確実に売却できるというわけではありません。ローンの残高がいくらあるのか、ローンの種類は何なのか等の状況によって条件があります。よって、ローンの残債が残っている車を売るには、愛車のローンの状況とそれに応じた条件を確認することが求められます。

まずは、必要な情報を車検証で確認しましょう。車検証には車の所有者と使用者について記載されていて、記載内容は次の2つのケースに分かれます。

ローンが残っている車の名義の違い

  1. ①車検証の所有者が個人名義(あなたや家族の名義)の場合
  2. ②車検証の所有者が信販会社・メーカー・ディーラーの場合

①車検証の所有者が個人名義(あなたや家族の名義)の場合

もし現金で購入した場合は所有者、使用者ともに、あなたの名前になっているはずです。車を売却するということは、その車の名義を変更しなければなりません。その名義変更の権利は所有者にあります。そのため、車検証の所有者の氏名があなたの名前となっていれば、自由に車を売却することができます。

しかし、注意が必要なのは、例えローンを支払っている状態でも、車検証の所有者があなたの名前になっていることがあるということです。ローンを組んで車を購入したのにも関わらず、所有者の氏名があなた名義になっている場合は、信販会社が車の所有権を留保していることが考えられるので、信販会社に問い合わせて確認しましょう。

②車検証の所有者が信販会社・メーカー・ディーラーの場合

例外もありますが、ローンで車を購入した場合、車検証の所有者の項目は基本的にローン会社(信販会社)または車のメーカー・ディーラーの会社名となります。この車の所有権が信販会社にある状態を「所有権留保」と呼び、ローンが完済するまで車が自分のものにならないということを示しています。つまり、所有者の項目がローン会社(信販会社)となっている「所有権留保」の状態では、あなたには名義を変更する権利がないので、簡単には車を売却することは出来ません。

では、上記のように所有権が自分にはない場合どうやって車を売却すればいいのでしょうか。その方法としては、今抱えているローンを完済して所有権解除を行うしかありません。

所有権の解除を行う際に必要な手続きと書類

所有権の解除を行う際に必要な手続きと書類

上記にあるように、ローンの残債がある車はローンが完全に返済されるまで所有権があなたにはなく、勝手に売却することができません。ローンを完済して初めて所有権が自分になり、自分の車として自由に売却できるのです。

所有権の解除は、通常ローンの返済が完了したときに信販会社やディーラーからの所有権解除の案内で知ることが出来ます。ここでは、その所有権の解除に必要な手続きと書類について詳しく見ていきます。

所有権の解除に必要な書類

  1. ①自動車検査証(車検証)
  2. ②印鑑登録証明書
  3. ③委任状
  4. ④自動車納税証明書
  5. ⑤印鑑
  6. ⑥自動車リサイクル券

①自動車検査証(車検証)

自動車検査証(車検証)は、通常ダッシュボード等に保管してあることでしょう。もし紛失してしまったら、運輸支局で再交付してもらうことができます。所有権が解除されると、所有者の名前が信販会社から個人名義(あなたの名前)に変更されます。車検証再交付が必要な場合は、まずお近くの運輸支局を探してみましょう。

②印鑑登録証明書

軽自動車を売却する際には必要ありませんが、普通車を売却する際は2部の印鑑証明書を用意しましょう。印鑑証明には有効期限があり、発行から3カ月以内となっています。もし、自動車検査証(車検証)に記載されている住所と、印鑑登録証明書の住所が違う場合は、住民票の写しも必要です。また、住所変更が複数回ある場合には、住民票の除票または戸籍の附票も必要となります。これら書類はいずれも市区町村の窓口の他、一部書類はマイナンバーカードを用いたコンビニでの出力に対応している自治体もあります。余裕のあるときに必要書類を手に入れておきましょう。

③委任状

あなた自身が名義変更をする場合は、前所有者のみの委任状でかまいませんが、車買取業者に名義変更を依頼する場合はあなたの委任状も必要となります。

④自動車納税証明書

名義変更をするためには、あなたが自動車税をきちんと納めていたことを納税証明書で示す必要があります。紛失した場合は、軽自動車は市町村役場、普通車は都道府県の税事務所で再交付をしてもらうことができます。もし、当年度の自動車納税証明書に延滞金などが発生している場合は、すべて納めてから納税証明書を発行する必要があります。

⑤印鑑

普通自動車の売却・買取してもらう時には、印鑑登録証明書に使われているものと同じ印鑑(実印)が必要となります。軽自動車の売却では、認印で問題ありません。

⑥自動車リサイクル券

自動車リサイクル法に関わる書類で、通常は車検証等と一緒に保管されているでしょう。自動車リサイクル券について、詳しくは、以下の関連記事をご参照ください。

リサイクル券記事のキャプチャ

関連記事:『車買取時に重要なリサイクル券とは!?リサイクル料金を知ってお得に車を売却しよう!』

これらの書類を運輸局にもっていき、自動車の所有権の解除の手続きと名義変更手続きを行います。以上のように所有権の解除には様々な書類が必要となり、つい難しくて面倒な作業であると思ってしまうかもしれませんが、基本的には信販会社の案内に従っていれば大丈夫ですし、売却時に車買取店に依頼すれば無料で代行してくれる場合もありますので、気軽に相談してみましょう。

ローン車の売却金額がローン残高より低いときはどうしたら良いの?

ローン車の売却金額がローン残高より低いときはどうしたら良いの?

上記で、ローンが残っている車を売却するには、所有権の解除が必要であり、そのためにはローンを全て返済しなければならないと説明しました。もし、ローン残高が車の売却金額・買取金額を上回る場合であれば、その買取価格でローンを完済することができます。しかし、もしローンの残債額より査定金額が低い場合は、残りのローンを別の方法で支払わなければなりません。そういったローン車の売却金額がローン残高よりも低くなってしまう場合の対処方法を3つ紹介します。

ローン残高より査定額の方が低い場合

  1. ①残りのローンを現金で支払う
  2. ②借り換えローンを利用する
  3. ③新しく買う車のローンに上乗せしてもらう

①残りのローンを現金で支払う

残ってしまったローン残高を、手持ちの現金で支払うというのはとてもシンプルで簡単な方法です。しかし、ローン残高から車の売却金額を差し引いた金額が数万円であればなんとかなりそうではありますが、数十万円となれば経済的な余裕がなければ難しく、あまり現実的な方法だとは言えないですね。

②借り換えローンを利用する

借り換えローンとは、ローンを別会社(新しい金融機関)で借り換えることで、一旦現在の車のローンを完済することです。しかしこの場合、ローンはもちろん残るので、月々の支払いは変わらず続きます。また、借り換えローンは金利の面で損をしてしまう場合もあるので、実行する場合は金融機関にきちんと相談するようにしましょう。

③新しく買う車のローンに上乗せしてもらう

新しく買う車のローンに上乗せするとは、残ったローンと新しい車の購入代金のローンをひとまとめにするローンです。この方法は車を売却後に新しい車に乗り換える場合に、最も便利な方法です。というのも、売却を考えている車のローン残高を新しい車のローンに組み込むことができるため、支払いに急な負担が生じることがないからです。

以上のように、ローン中の車を売却する際に売却金額でローンを一括完済できない場合でも、対処法はあります。しかし、やはりローン残債の車を買取してもらうときにポイントとなるのは、ローンの残債に対していくらで車を買い取ってもらえるかということです。ローン車の買取金額が高ければ高いほど、車を売却した後の経済的な負担が軽くなります。

ローン残債のある車は一括査定で高く売ろう!

ローン残債のある車は一括査定で高く売ろう!

ローンの残債がある車を売却する方法は大きく分けて2つあります。上記でも述べたように、ローンの残っている車を売却する際は、その売却金額がとても重要となります。その点をもとに、2つの売却方法と、ローンの残っている車を損せずに売却するおすすめの方法をご紹介します。

ローンが残っている車を売る方法

  1. ①ディーラーでの下取り
  2. ②車買取店での買取

①ディーラーでの下取り

もし新たにクルマの購入を予定しているのであれば、ディーラーでの下取りが手軽で便利でしょう。下取りは、車を購入することを前提条件としているケースが多いため、所有権解除などの手続きや、もし下取り価格がローン残高を下回ってしまうケースでも、新車購入時に組む新たなローン等で柔軟に対応してもらうことができるかもしれません。

一方で、一般的にディーラーの下取りでは高額な査定額は期待できません。また、もし車の査定額がローン残高を上回ったとしても、それを新しく購入する車の資金にあてることしかできず、損したように感じるかもしれません。よって、少しでも高い価格でローン中の車を売却したいと考えている方にはディーラーでの下取りはオススメできません

②車買取店での買取

車買取店での売却は、ディーラーでの下取りと比較すると、より高い査定額で買取してもらえる可能性が高いです。それは、車買取店は車の買取を専門としているため、他店より高い査定額を提示して自分の店で車を売却してもらいたいと考えているためです。また、車買取店はディーラーの下取り価格よりも高い金額で査定してくれるだけでなく、ほとんどの店でローン中の車の買取が可能であり、売却金額をローンの返済に充てるような手続きをしてくれます。

そのため、少しでも高い価格でローン中の車を売却し、ローンの返済資金に充てたいという方におすすめです。また、もし査定額がローンの残高を上回った場合は、その浮いたお金を利益として受け取ることができます。

ディーラー下取りと比べると良い事づくめのように聞こえる一方で、車買取店の査定額はディーラーの下取り価格と比較すると、店によってばらつきがあり、少しでも高く買い取ってもらうためには複数の車買取店を回ったり、査定士との交渉力が求められます。

その際におすすめなのが、車一括査定サービスです。車一括査定サービスとは、インターネット上で複数の車買取店へ一括で査定依頼をすることができ、その中から最高額で車を売却できる買取店を選択できるサービスです。複数の買取店で査定をしてもらうことによって、他店の査定額をもとにより高い査定額を引き出す交渉をすることも可能になります。

「買取カービューの愛車無料一括査定」では、車輌情報とお客様情報の入力後、車の査定を依頼したい買取店を選択し、ワンクリックでまとめて査定依頼が可能です。

買取カービューの車査定見積もり依頼申込画面

一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANグループで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。このように、各社の車買取金額を一斉に比較できるサービスがあることで、車を一番高く買い取りしてくれる車買取店を見つけることができます。

一括査定サービスで気に入った買取業者を見つけて、あなたの愛車を最高価格で売却しましょう!

愛車の売却をお考えのあなたに

査定額を比較して最高額で売却!

あなたの愛車を1番高く売る!

メーカー
モデル
年式
走行距離

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。