公開日:2018年06月23日
更新日:2018年10月29日
たばこの臭いで愛車が減額査定されていませんか?まだ間に合う消臭方法5選

最近は、純正で灰皿が設置されている車はほとんど見なくなりましたが、後付けで灰皿を設置して喫煙車にしている人はまだまだ多く見られます。喫煙できる場所がどんどん少なくなっているこのご時世、自分の車くらい自由に吸いたいですよね。しかし、たばこに限らず、臭いは車の売却時、マイナス査定となる要因の一つです。今回は、手軽に簡単に臭いを軽減できる方法を5つ紹介しましょう。

喫煙車は減額査定になりやすい!

中古車を購入する際、誰も臭いがついている車は欲しがらないでしょう。もちろん臭いとは、たばこだけでなくペット臭などもあり、どちらの臭いも、ついたらなかなか取れないものです。査定額が思ったよりも高くならない場合、臭いが原因だったという場合もよくあります。

臭いはやはり誰でも気にするもので、喫煙者の中には、車内を禁煙にしている人が多いとも聞きます。たばこを吸う人にとっても、車内を臭いや灰の汚れで、汚くはしたくないというのが、本当のところでしょう。

しかし、吸ってしまって臭いがついてしまったものは仕方ありません。それなら、その臭いをなるべく取り除き、少しでも査定のマイナスを減らしましょう。車内の臭いは、空間に残っているというよりも、内装(主に天井)やシートについているものがほとんどです。具体的なおすすめ消臭方法を見ていきましょう。

手軽に簡単にできるオススメ消臭方法5選

1.よく晴れた日に窓を全開にして半日ほど放置しましょう。その際、事前に消臭剤などを全体にスプレーしておくと効果的です。自然の風と太陽の力は消臭効果があります。お金もかからないので、まずは一度試してみましょう。

2.臭いがついたシートを丸洗いできればいいのですが、さすがにそれは難しいもの。そのため、手軽にフロアマットを洗ってみてはどうでしょう。フロアマットを洗う際は、中性洗剤でごしごしと泡立て、よくすすぎ、その後はよく乾かします。湿気が残っているとカビが発生し、また新たな臭いの原因となるため、注意が必要です。また、フロアマットを外した状態で、フロアに掃除機をかけるとたばこの灰なども取れ、査定アップにもつながるかもしれません。

3.たばこの臭いはエアコン内部にもついている場合があります。エアコンフィルターの交換、またはエアコンフィルターに消臭剤をかけてみましょう。消臭剤は新たな臭いの原因を避けるため、無臭のものを使うことをお薦めします。フィルター交換または掃除後は、外気導入でエアコンをかけ綺麗な空気を車内に取り込むのも重要なポイントです。その際全部の窓を開けておきましょう。できれば作業は晴れて心地よい風がある日が望ましいですね。

4.車内の窓や、内装もニコチンやタールを含んだ汚れが残っている場合がありますので、硬く絞った水で濡らした雑巾で、拭き上げるのも効果的です。特に窓は静電気で埃を吸着しやすくなっており、そこにたばこの臭いやタールなどの汚れが集まります。フロントウインドウ(車内側)、は、特に汚れやすい箇所なので、念入りに。これだけすれば、臭いが目立つ車も、査定のマイナスは少し減るかもしれません。ここでももちろん拭き上げたあとは、よく換気をさせ、乾燥させましょう。

5.一番簡単な方法でもあり効果的なのが、たばこを吸う時、運転席の窓を数センチ開け、その対角方向の窓(左後方)も少し開けて、車を走らせることです。じつはこれ、効率のいい換気方法なのです。このように普段の喫煙時から臭い対策を心がけているといいですね。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo! JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。