事故車買取

はじめに 廃車とは

廃車とは、道路交通法上は「抹消登録」と言い、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があります。 一時抹消登録の場合は再び車検を受けて登録することでその自動車を使用できますが、 永久抹消登録をした場合は再度使用することはできません。 永久抹消登録をする場合は、別途自動車の解体処分の手続きが必要になります。 一時抹消登録・永久抹消登録ともに手続きの期間として10日間ほどかかります。
廃車の流れ

一時抹消登録について

長期の海外出張、単身赴任、入院などの事情で長期間使用しない自動車に対して一時的に行う廃車手続きです。 手続きを自分で行う場合は費用として350円が必要になります。その他、書類代や車検証記載内容の変更には別途費用がかかります。
手続きには以下の書類等が必要になります。
ナンバープレート2枚/自動車検査証(車検証)/抹消登録申請書/印鑑・印鑑証明書/手数料納付書

永久抹消登録について

事故に遭った、または古くなったなどの事情でもう使用しない自動車に対して恒久的に行う廃車手続きです。 運輸支局で手続きを行いますが、その際に解体を行った日を報告する必要があるため、一般的には業者等による解体を待つ必要があります。 軽自動車の場合は永久抹消ではなく「返納」という扱いになり、軽自動車検査協会で行います。 手続きを自分で行う場合には費用はかかりません。 その他、書類代や車検証記載内容の変更には別途費用がかかります。
手続きには以下の書類等が必要になります。
ナンバープレート2枚/自動車検査証(車検証)/抹消登録申請書/自動車税・自動車取得税申告書/自動車税納税証明書/解体報告記録日・解体に関わる移動報告番号/印鑑・印鑑証明書/手数料納付書/ 銀行預金口座または郵便貯金総合口座

解体届出について

一時抹消登録を済ませてある自動車を解体した場合に行う廃車手続きです。業者等により解体が行われた日から15日以内に行う必要があります。
手続きには以下の書類等が必要になります。
抹消登録申請書/一時抹消登録証明書/解体報告記録日・解体に関わる移動報告番号/印鑑・印鑑証明書/手数料納付書/ 銀行預金口座または郵便貯金総合口座
一時抹消→解体届出→永久抹消と進めていく場合には手続きを二度行うことになります。 ただ、永久抹消は前述の通り解体を待ってからでないと行えないため、思い立ってから登録までに時間がかかります。 そうすると自動車税の還付金等が少なくなってしまう可能性があり、その場合は先に一時抹消登録を行っておいた方が得をすることができます。
廃車の流れ
 あなたの愛車の廃車手続きには、どのくらいの費用がかかる?
高値で売るには、早めの情報収集が鍵! オンライン一括査定で、今すぐあなたの愛車の相場を知ろう!
車両の種類
メーカー / 車種
年式 /
走行距離(km)
お住まいの郵便番号
-
カービューの一括査定は300万人が利用 カービューならではの安心の全国買取ネットワーク
都道府県名
市区町村の
頭文字
市区町村名
地域名

サービスの流れ

  • 1 専用フォームよりお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  • 2 カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  • 3 査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内に ご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。

車買取なら「みんカラ買取相場」にお任せ下さい
買取相場を調べる
新車の見積書が見れるクチコミサイト「みんカラ商談メモ」
株式会社carview(カービュー)

本サイトは株式会社カービューによって運営されています。 掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございますのでご注意ください。
カービューおよびみんカラの名称、ロゴマークは、株式会社カービューの登録商標です。株式会社カービュー 東京都公安委員会許可 第301050408070号

© 2017 Carview Corporation All rights reserved.