買取コラム

”走行距離”や”年式跨ぎ”を意識して車を高く売ろう!

”走行距離”や”年式跨ぎ”を意識して車を高く売ろう!

「実質的な差はほとんどないのに、イメージの違いで値段が大きく変わる」という現象が世の中にはあります。その最たるものひとつが「走行距離」でしょう。走行距離と年式は、車の査定額を左右する重要なポイントです。この記事では、走行距離と年式がどのように査定額に影響するのか、またそこを意識した上でベストなタイミングで車を高く売る方法についてご説明します。

「走行距離」が査定で重視される理由は?

「走行距離」が査定で重視される理由は?

中古車の査定で重視されるポイントの一つが、走行距離です。走行距離は、「○○キロメートル」ときちんと数字として示されるため、ユーザーにとっても愛車を売る時期の目安として見ている方も多いでしょう。

車査定で査定士がチェックするポイントは、年式・車種・グレード・車の状態等様々ありますが、日本で特に重視されるのがこの走行距離です。理由は、走行距離は車の寿命を把握する指標として考えられているからです。

車も消耗品であり、走れば走る程車の各種部分が消耗していき、車が故障するまでの寿命も短くなっていきます。走行距離が長い車だと、その分その先乗り続けられる年数、需要が短くなってしまうので次に売れにくくなってしまいます。そのため、車の走行距離に伴って、査定時の買取価格も低くなってしまう傾向にあるのです。

特に、日本の中古車業界では、10万キロを超えた車両を「過走行車」と呼び、大きく査定額が下げられてしまう傾向にあります。現在は日本車の品質向上によって、たとえ10万キロ超えであっても故障せずまだまだ乗れる場合が多いです。しかし、昔は多くの車が10万キロ程度で故障し、寿命を迎えてしまうケースが多かったため、その名残で現在も10万キロを超えた過走行車は評価が下がってしまうようになっています。

しかし、海外では日本車の人気が高く、たとえ10万キロ超えの過走行車であっても日本から輸出されて、まだまだ長く乗られています。そのため、走行距離が長い多走行車や過走行車を高く評価してもらうためには、海外への販売ルートを持つ買取業者に査定してもらうことが重要ポイントとなります。過走行車を高額で売却するなら、「買取カービューの愛車無料一括査定」がオススメです!

走行距離は1万km/年を意識する!

走行距離は1万km/年を意識する!

上述のように、車を売却する際、「走行距離が多いか少ないか?」は査定額を大きく左右するポイントです。一般財団法人 日本自動車査定協会が定める基準によると、年間1万km。つまり、走行距離が多いか少ないかを判断するには、1年間で1万kmを目安として、それより多いか少ないかという点がポイントとなります。

また、買取査定においてひとつの山となるのが「3万km」または「5万km」で、この山を超えているかどうかで査定額は変わってくるものです。しかし、冷静に考えると、走行2.8万kmの車と3.0万kmの車、あるいは4.8万kmの車と5.0万kmの車のコンディションに、そんなに大きな差があるものでしょうか?

……答えは当然「あんまり差はない」ということになります。もちろん使い方次第ではありますが、普通に丁寧に扱っている限りは2.8万kmの車も3.0万kmの車も、車のコンディションに大差はありません。しかし、世の中というのは残念なことに事実ではなく「イメージ」で判断されるケースも非常に多いものです。それゆえ、もしもあなたが今愛車の売却を考えていて、例えば現時点での走行2.8万kmであるならば、悪いことは言いませんので3万kmを超える前に査定に出してください。そしてこれは3.8万kmの人にも、4.8万kmの人にも言える話です。

とにかく、走った年数に対して1万km/年を超えているか超えていないかが、車を売る走行距離の目安です。「1万kmごとの桁」が更新される前にサクッと査定に出してしまうのが、愛車をなるべく高く売るコツのひとつなのです。

年式も買取額に影響!年式跨ぎを意識!

年式も買取額に影響!年式跨ぎを意識!

車は消耗品だからこそ、やはり新しい車のほうが価値が高いとされています。そのため、年式は新しいほど査定額が高く、年式が古いほど査定額が低くなります。走行距離と同様に「年式」というのも、またがせたくない指標のひとつです。

年式は納車日に関係なく、毎年1月1日に更新されています。例えば、11月に売却するのと1月に売却するのでは、車のコンディションに大きな差はないはずです(そりゃ11月時点のほうがちょっとは良好でしょうが、大差はないですよね)。しかし、年をまたいだ1月に買取査定に出すと、前年のうちは例えば「3年落ち」だったものがいきなり「4年落ち」という扱いになってしまうわけです。たった1カ月の違いで理不尽なんですが、とにかく中古車業界的にそういうことになっていますので、仕方ありません。

この理不尽な扱いに対抗するには、もうおわかりですよね、「年を越す前に、できれば秋のうちに査定に出す」しかありません。

さらに、車の寿命は10年なんて言われていたように、10年落ちの車には買取額がつかないと思っている方も多いかもしれません。10年落ちだからといって査定額がつかないことはありませんが、当然故障のリスク等の高さから買取額が下がってしまうことは避けられません。さらに、新車購入時から13年が経過した車には、自動車税が増税されます。また、自動車が古くなればなるほど、交換が必要な部品も多くなるため、どうしても査定額は下がってしまいます。

もちろん、売るつもりはない愛車を無理に売却する必要はありません。ですが、もしも「そろそろ乗り替えようかな……」と考えているのであれば、悪いことは言いませんので「1万kmごとの桁が変わる前に」、そして「年が変わる前に」、買取査定に出すことを強くおすすめします。

車を高く売るなら状態と「売り方」が大事!

車を高く売るなら状態と「売り方」が大事!

上述のように、車を高く売るためには「年式」と「走行距離」を意識することが重要だとご説明しました。確かに、「年式」と「走行距離」は車の売却タイミングをはかる上で、重要な指標となります。しかし、その車の売却タイミング以上に、車の売り方が高額で車を売る上で重要になってきます。

車を売るには、「ディーラーで下取りに出す」、「車の買取店に持ち込んで買ってもらう」、「個人間の売買」など多くの方法がありますが、重要なのは、多くの業者に査定依頼をして、金額を比較すること。一番高値で買い取ってくれる業者に売るのが一番お得な方法です。そこでおすすめなのが、「車一括査定」を利用することです。車一括査定とは、複数の業者への査定依頼がインターネットでできるサービスです。時間をかけて複数の査定事業者にいちいち依頼することはもう必要ありません!!

その中でも、「買取カービューの愛車無料一括査定」では、車輌情報とお客様情報の入力後、車の査定を依頼したい買取店を選択し、ワンクリックでまとめて査定依頼が可能です。

買取カービューの愛車無料一括査定サービス申込画面

そしてなにより、一括査定サービスの利用は無料で、運営母体もYahoo! JAPANグループで車部門を担当しているカービューのため、情報の取り扱いもより安全・安心してご利用いただけます。

さらに、買取店1社にしか査定をしてもらわなかった場合、その買取額が本当に妥当であるのかどうかわかりません。しかし、車一括査定では1回申し込むだけで、複数の買取店があなたの愛車1台を査定します。そのため、複数の買取店で価格競争が発生することで、買取額が上がるという大きなメリットがあります。普通に買取店に持ち込むよりも車が高く売れますよ!いざ車を売ろうかな?とご検討の際は、ぜひ一括査定をご利用ください!

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

本記事について

本記事はYahoo! JAPANグループの株式会社カービューが監修しております。株式会社カービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしており、中古車買取の一括見積依頼サービスである買取カービューや、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラといったお客様のカーライフを応援するウェブサービスを運営しています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP